OODAの5冊

OODAループはジョン・ボイドというアメリカの軍事戦略家が発明したものです。OODAループを駆使すれば先の見えない状況でも成果を出すための意思決定をすることができるのでうまく活用してみましょう。これからOODAループを利用するのなら基礎知識を覚えておくと良いです。ここではOODAループを知るときに利用できる書籍をいくつか紹介します。

OODALOOP:次世代の最強組織に進化する意思決定スキルの内容を知ろう

OODALOOP
OODAループを理解したときに活用できるおすすめの本には、『OODALOOP:次世代の最強組織に進化する意思決定スキル』というのがあります。不確実性のあるビジネス環境において効果的な力を発揮してくれる本なので活用してみましょう。本商品はOODAループを低張したジョン・ボンドの愛弟子が制作しています。OODAループをビジネスに活かすための活用術などを詳しく紹介します。実際にビジネス事例を本書で紹介して解説まで行っています。アメリカでも発売しているもので本書は日本語に訳したものです。具体的にどのような内容なのかというと、AI時代に求められているスキルを踏まえてOODAループを紹介しています。例えばビッグデータやソーシャルメディアなど、収集したデータを参考にして即座に意思決定をする方法などが書かれています。

OODAループを高速で回し勝つべくして勝つ組織を作るための術なども書かれているので、ビジネスマンにおすすめです。本書は全部で7章構成になっていて、各章ごとにテーマを設けています。例えば強者が戦いに勝つとはかぎらないという情報や、OODAループで実際にどのようなことをするべきかなどを把握できます。

日本人に適したOODAループマニュアルがある

OODAループ思考
日本人向けの作られたOODAループの本には『OODAループ思考[入門]日本人のための世界最速思考マニュアル』というのがあります。本製品は日常的に使えるものまで紹介しているので入門者用に最適でしょう。例えば面接をしているときに想定外の質問が来たときや、成績が伸びないといった問題に対応できます。行き詰まったときにどのような思考を駆使して切り抜けると良いのか詳しく書かれています。本書は仕事やプライベードなどですぐに結果を出すための思考力を、OODAループの戦略コンサルタントが詳しく解説をしています。著者は入江仁之です。彼はアイ&カンパニージャパンの代表をしています。また経営コンサルタントや元シリコンバレー・ストラテジストとしても活躍をしている実績のある人物です。

誤解されがちな品質を詳しく解説している本

OODAループ超入門
『ドイツ電撃戦に学ぶOODAループ超入門』は第二次世界大戦のドイツ電撃戦を例に出して解説している本です。当時戦力ではかなり劣っていたドイツですが、どうしてフランス軍に勝利したのかをという部分に着目しています。本書の構成は第一章でOODAループの理論を詳しく解説して、第二章でドイツ電撃戦を解説する内容です。基本的な部分も押さえつつ事例も出しているのが本書の特徴です。第二章はフランス軍戦前のヨーロッパ状況や電撃戦で使用して構成的なOODAループの運用などを解説します。最後にまとめているのでわかりやすいでしょう。

完結にOODAを紹介している本

OODAよりPDCAか
比較的簡単にまとめてOODAループについて紹介されているのが『PDCAよりOODAか?違います』という本です。本書はPDCAとOODAの他にPDRについても紹介をしています。OODAループについて米国の第5次OODAについて詳しく解説を行っています。またOODAとPDCAを組み合わせて使う方法なども紹介しているのでOODAだけにスポット当てた本よりも拡張的な紹介を行っているのが特徴です。本書はPDCAの前段階に何が合ったのか、PDCAが出来ないのはどのようなものなのかを語っています。またOODAに関しては観察と思考や基本的な理論についても紹介をしています。他にPDRの基本部分や行動を制御して質を向上させる解説もあります。

上級幹部に最適な本

最強の意志決定
『自衛隊幹部学校戦略教官が教える〈米軍式〉最強の意思決定』はOODAループの基本解説を行っている本です。軍事戦略に関係する内容なども含まれているのでミリタリー好きな方にもおすすめでしょう。本書は第一部で軍隊の意思決定とはどんなものかについて語っています。例えば軍事意思決定法の種類なども把握できるのでOODAループ以外にどんなものがあるのか知ることもできます。第二部では軍事意思決定とビジネスについての関係を紹介しています。どのようにして経営テンポを速めるのか、ループ型の軍事意思決定法はどのような特色があるのかを知ることが可能です。第三部になると行動方針の指針と決定から状況の把握と、どのように行動をするのかについても詳しく書かれています。著者は中村好寿、防衛大学やスタンフォード大学などで学び、軍事アナリストとして活動を行っている人物です。軍事戦略家が開発したOODAループについても掘り下げて詳しく紹介しています。

ビジネスで活かせるノウハウを学べるので購入して損はない

本文で紹介した著書はすべてOODAループについての基本から応用まで詳しく知ることができます。実例なども紹介しているので、実際にどのような部分でOODAループが使えるのかも把握できるのがメリットです。中にはOODAループを日常で活かすためのコツなども書かれている本もあります。ビジネスに使いたいのか日常で使いたいのかで本書を選定すると良いでしょう。

お知らせ
お役立ち情報①

【人事のプロが語る、本音のコラムを公開中】

人事を戦略に変える専門家たちが様々なテーマを解説し、"どうあるべきか"本音 で語っている記事を公開しています。きっとあなたの悩みも解消されるはずです。

お役立ち情報②

【お役立ち資料を無料ダウンロード】

基礎的なビジネスマナーテレワーク規定、管理職の方向けの部下の育て方評価のポイントまで多種多様な資料を無料で配布しています。ぜひご活用ください。

おすすめの記事