OODAとPDCA

OODAループという言葉をご存知でしょうか。OODAループは、目標達成の手法となる新たな理論のことで、広い分野に適用することができると関心を集めています。OODAループはPDCAサイクルと比較されますが、それぞれにメリット・デメリットがあります。2つの手法の違いを知り、使い分けや組み合わせを考え適材適所で活用することで、更なる効果が期待できます。

OODAループって何?その考え方と仕組みを知ろう!

OODAループとは、あらゆる分野で活用できる一般理論として、アメリカ空軍に所属していたジョン・ボイド氏が提唱しました。元々空軍のパイロットの意思決定の理論であり、先が見えない戦闘時の状況において臨機応変に判断し行動するために提唱されたといわれています。そして今ではビジネスなど経営戦略やあらゆる組織運営、そして個人レベルの意思決定においても活用されています。OODAループは、基本的に4つのステップで成り立っています。4つのステップとは、Observe(観察)・Orient(状況判断)・Decide(意思決定)・Act(行動)であり、それぞれのアルファベットの頭文字からOODAと名づけられました。この4つのステップを繰り返す(ループする)ことで、OODAループと呼ばれています。
OODAとワイシャツ

OODAループの理論とは?OODAループを詳しく知ろう!

OODAループの最初のステップであるObserve(観察)は、先ず客観的な情報を集めることが重要となります。担当者自身が自分の考えに固執することなく、対象の生の情報を客観的な視点から収集します。そして情報を整理して共有することが目的となります。次のステップであるOrient(状況判断)は、Observe(観察)で収集した情報の意味を理解・分析して、状況判断を行います。集めた情報を、意思決定できるような価値を持った情報に変換することを目的としています。

3つ目のステップであるDecide(意思決定)では、Orient(状況判断)から得た情報から意思決定を行い、どのような計画を立て実行するのかを判断します。具体的にどのように行動するのかを決めることが、目的となっています。そして4つ目のステップであるAct(行動)では、Decide(意思決定)で決められた計画を実際の行動に移します。また仮説が正しいかどうかを検証するステップでもあります。OODAループの特徴は、4つのステップが終わった後に問題点などを調整しながらこのステップを何度も繰り返す(ループする)ことです。刻一刻と変化する現代社会において、その変化に柔軟かつ迅速に対応できる意思決定手法となっています。

サイクル

PDCAサイクルとは?OODAループとの違いを知ろう!

PDCAサイクルとは、生産技術における業績向上・品質管理などを目的とした手法のことであり、プロセスを繰り返すことで継続的な改善を目指しています。PDCAサイクルには4つのプロセスがあります。先ず目標を設定し実行計画を立てるPlan(計画)、次に計画を実行するDo(実行)、さらに実行を検証し反省や分析を行うCheck(評価)、そして検証した結果の改善や対策を検討するAction(改善)など4つのプロセスに分かれています。このプロセスを継続的に繰り返すことで、業務改善・品質向上につながるという手法です。

OODAループとPDCAサイクルの大きな違いは、OODAループが相手を客観的に観察することから始まるのに対して、PDCAサイクルは自分の計画から始まることです。OODAはその成り立ちから、常に変化する状況の中で最適な判断を行ない即行動することを目的とした意思決定手法です。それに対してPDCAは、工場などでの生産性や効率を高めるという課題に適した手法であり、決められて変化が少ない状況に適しています。つまり一定条件や制限の中で効果を発揮できるのはPDCAサイクル、そして要件や環境の変化に力を発揮し臨機応変に対応できるのはOODAループ、といえるでしょう。

OODAとPDCAの説明

それぞれの特徴を生かす?効果アップの使い分けや組み合わせを知ろう!

OODAループとPDCAサイクルはよく比較されますが、優劣で語られるべきものではありません。その理由はOODAループとPDCAサイクルは、場面によって使い分けができるからです。例えば新事業を立ち上げるなどの場面においては、OODAループが適しています。新事業という先行き不明確な状況下では、OODAループが効力を発揮できるからです。また工場の生産性や安全性など元々ある状況を改善することに適しているのは、PDCAサイクルとなっています。

そしてOODAループとPDCAサイクルを組み合わせることで更なる効果が期待できます。OODAループの4つ目のステップであるAct(行動)の中には、PDCAサイクルが含まれていると考えられます。OODAのAct(行動)は、Decide(意思決定)で決定した計画を実行するステップです。決定している条件の中で行われるAct(行動)において、PDCAサイクルはその効力を最大に発揮できると考えられます。このようにOODAループの中にPDCAサイクルを組み合わせることで、それぞれ単独で活用する場合よりも高いパフォーマンスと結果が得られる可能性があります。

スーツの男女

優劣ではなく、違いを知って活用しよう!

OODAループとPDCAサイクルは似ているように見えますが、全く異なる手法であることを認識することが重要です。OODAループとPDCAサイクルには変化に対する適応力に違いがあります。そのことを理解し、そしてそれぞれの特徴を活かすことが大切です。その認識の下2つの手法を使い分けたり組み合わせたりすることで、問題点の解決そして実感できる効果が得られるといえるでしょう。

お知らせ
お役立ち情報①

【人事のプロが語る、本音のコラムを公開中】

人事を戦略に変える専門家たちが様々なテーマを解説し、"どうあるべきか"本音 で語っている記事を公開しています。きっとあなたの悩みも解消されるはずです。

お役立ち情報②

【お役立ち資料を無料ダウンロード】

基礎的なビジネスマナーテレワーク規定、管理職の方向けの部下の育て方評価のポイントまで多種多様な資料を無料で配布しています。ぜひご活用ください。

おすすめの記事