悩む男性

近年、OODAを採用している企業や団体が増えているとも言われています。しかし、OODAと聞いて詳しく知っている方はそんなに多くはないかもしれません。OODAには多くのメリットがありますが、一方でいくつかの欠点も指摘されています。そこで今回は、OODAの特徴や欠点などを解説する他、OODAが持つ欠点を補ってうまく活用する方法も紹介します。

OODAは明確化されていない工程に最適なフレームワーク

OODAとは、アメリカ人によって発明された意思決定をする際に用いられるフレームワークであり、情報収集、状況判断、意思決定、実行という4つのステップから成り立っています。同じフレームワークとしてはPDCAがあり、比較されることが多いのですが、その用途は大きく異なっています。PDCAは本来、工場の生産性を向上させる目的で開発されたフレームワークです。工場での生産における効率やスピードを向上させるといった改善を実行させるには最適なフレームワークと評されています。しかし、工程が確立されていないものに対しては効果はあまり期待できないとも言えます。

一方、OODAの場合は、現状得られている情報を元に最適と思われる判断をし、速やかに実行に移す事を目的としています。そのため、PDCAのような業務の見直しではなく、新商品を開発するなど特に決まっていない作業工程に対しては適しているフレームワークと言われています。

循環

過去の失敗例が活かされない可能性がある

OODAの欠点とし言われているのが、精査や改善のフェーズが後回しになってしまうという事です。PDCAでは計画を策定し実行した後は、それに対してチェックを行い改善策を提示するまでが一つのサイクルとなっています。しかしOODAの場合は、PDCAのサイクルとは正反対で、はじめに情報収集を行ってから最後に実行を行うのが流れです。OODAには、実行した結果に対して細かくチェックをしたり、改善策を提示するといった事は行われません。そのため、人の能力に頼りがちになってしまうという欠点がOODAにはあると言えます。またチェックや改善を行う場合は、再びはじめからOODAを行う必要があるので、この際、前回との関連性が無くなってしまう可能性もあります。つまりOODAには過去の失敗例が活かされないといったリスクがあると言えるでしょう。

デメリット

情報の変化に柔軟に対応できないなどの欠点がある

OODAはスピードの速さが利点として挙げられます。しかし、スピードを優先しているという事は早く結果が表れやすいですが、失敗も早く表れやすいという一面も併せ持っています。スピードが求められすぎると情報収集や判断がおろそかになりやすいという可能性もあり、そうなると結果的に失敗に繋がるリスクが高まる要因になってしまいます。OODAにおいては、情報収集の段階でミスをしてしまうと、それがすぐに失敗に至ってしまうのでその点は注意が必要と言えるでしょう。また、情報収集を十分に行わないまま次のフェーズに行ってしまい、後でよく調査してみたら情報が不十分で判断に誤りがあったというケースは少なくありません。OODAを採用する際は、情報収集が大きなウエイトを占めているとも言えます。

一方、OODAは情報収集をして状況判断し、それを元に実行に移すのがOODAの特徴でありますが、途中で情報に変化が生じてしまうとはじめから行う必要があるのがOODAのもうひとつの欠点であります。例えば新商品の開発において企画を提出し許可をもらい開発に着手します。ところが企画した商品と同様のものが他社から登場したため、そうなると商品開発が振り出しに戻ってしまいます。OODAは基本的に集めた情報から状況判断する仕組みとなっているので、新たな情報が追加されてしまうとそのたびに最初からOODAを実行する事になります。そのため、頻繁に情報が変化するものにはOODAはあまり適さないと言えるでしょう。

考えるスーツの男性

OODAの欠点を補う方法もある

OODAにはいくつかの欠点があるという事は事実であると言えます。しかし、それらのOODAの欠点を軽減してくれる方法もあり、それはPDCAと上手く組み合わせるという事です。OODAにはチェックや改善といったフェーズが含まれていません。そこで、OODAの後にPDCAにあるチェックと改善を取り入れます。これはOODAにおける情報収集(O)と状況判断(O)に相当しますが、OODAの後にチェックと改善を行うことになるので漏れが発生するリスクは大きく軽減される事が期待できます。またこの方法は次にOODAを行う際に、PDCAのチェック、改善の情報が活用できるのでOODA自体のスピードアップも可能になると言えます。

また情報の変化に柔軟に対応できないというOODAの欠点を補う方法もあります。それはOODAにPDCAのチェック機能を入れる事です。OODAの実行工程の前にチェック工程を設けておけば情報が追加された場合、最初からOODAを行わなければならないというリスクを軽減させる事も可能です。

各サイクル

上手に使いこなせば企業にとっては大きな力になる

OODAは、スピードが求められる案件には最適なフレームワークと言えるでしょう。一方で、情報が追加されるなど情報に変化が必要になるとすぐに対応できなかったり、チェックや改善といったフェーズが含まれていないといった欠点もある事が分かります。しかし、その欠点も改善させる方法はいくつもあるので上手く使いこなせれば、企業にとっては必要不可欠な存在になる可能性は十分にあるでしょう。

お知らせ
お役立ち情報①

【人事のプロが語る、本音のコラムを公開中】

人事を戦略に変える専門家たちが様々なテーマを解説し、"どうあるべきか"本音 で語っている記事を公開しています。きっとあなたの悩みも解消されるはずです。

お役立ち情報②

【お役立ち資料を無料ダウンロード】

基礎的なビジネスマナーテレワーク規定、管理職の方向けの部下の育て方評価のポイントまで多種多様な資料を無料で配布しています。ぜひご活用ください。

おすすめの記事