人事業務の省力化はどこまでできる?人事部門ができる省力化策12選

人事部門は企業の成長のためのエンジンともいえる人材の根幹を担っています。しかしながら、人事部門が抱えている業務は多様であり膨大です。根幹を担っているにもかかわらず、日々繁雑な業務に追われているというケースはまだまだ後を絶ちません。

本資料では、人事部門を省力化する作戦を「定型業務の省力化」、「無駄な業務の廃止」、「企画・意思決定のスピード化」の3つのグループに分けて考え、自社の人事業務を棚卸し、それぞれの観点からできることはないか検討するための具体策をお伝えします。

▼内容
1. 人事部門の省力化の考え方
2. 定型業務で省力化できること
3.無駄な業務の廃止でできること
4.企画・意思決定のスピード化でできること

資料ダウンロードはこちらから

お知らせ
お役立ち情報①

【人事のプロが語る、本音のコラムを公開中】

人事を戦略に変える専門家たちが様々なテーマを解説し、"どうあるべきか"本音 で語っている記事を公開しています。きっとあなたの悩みも解消されるはずです。

お役立ち情報②

【お役立ち資料を無料ダウンロード】

基礎的なビジネスマナーテレワーク規定、管理職の方向けの部下の育て方評価のポイントまで多種多様な資料を無料で配布しています。ぜひご活用ください。

おすすめの記事