チェック

コミュニケーション能力の低下はトラブルを招く可能性がある

悩む男性
人と話をしているときに会話が続かないといったトラブルがあります。コミュニケーション能力は実際に人と会い話をすることで強化できます。IT化が進みSNSなどを利用してやり取りをする機会が増えると、自然と人との関わりが少なくなってしまいます。会話が続かない、話のタイミングが合わないといった問題は、人とのリアルなコミュニケーション不足が原因です。仕事においてコミュニケーション不足が発生してしまうと、意思の疎通ができず指示がうまく伝わらないといったトラブルも起こってしまいます。また業務のモチベーションが低下するおそれもあるので注意が必要です。他にも報告や連絡などがスムーズに行われず、プロジェクトの進行が遅れてしまう可能性もあります。上記の理由からコミュニケーション能力の向上は企業にとって重要な要素です。

コミュニケーション研修を行うと多くのメリットを得られる

メリット

コミュニケーションの重要性を知る事が可能

社員のコミュニケーション能力を開花させるには研修を行いましょう。具体的にコミュニケーション研修ではどのようなことをするのかというと、メンターがコミュニケーションの重要性を説明してくれます。どうしてコミュニケーションが企業や人間関係において必要なのか基礎部分から教えてくれるため、研修に対する意欲が増します。

自己分析を行い客観的に自分を知ることができる

コミュニケーション研修の目的の1つに「自分を知る」という要素があります。自分を理解すればこれまで「出来ている」と感じていたことが、実は出来ていなかったことを認識することができます。自己分析を行うことによって弱点を理解して克服できるので、効率よくコミュニケーション能力を身につけることが可能です。自分を知ることによって研修の目標を立てることができるため、モチベーションの増加を期待できるのもメリットです。

社会人としてのマナーも学べる

社会人は対人関係においては適切なマナーが求められます。マナーが出来ていないと相手に対して失礼なことをしてしまうため、商談などにおいて不利になる可能性が高いです。服装や身だしなみから挨拶のやり方まで適切なマナーを身につけると、ビジネスも円滑に行うことが可能です。コミュニケーション研修では社会人の基本的なマナーを身につけられるので、社会人として成長できます。

相手の話を聴く能力も得られる

円滑なやり取りを行うには、相手の話に耳を傾ける必要があります。自分が一方的に話を行うだけでは意思の疎通はできません。相手の話をしっかり聴いていれば、適切な行動ができるので仕事上のトラブルも起こりにくいです。他にも相手の話を聴くことで、会話の意図を汲み取ることができるメリットもあります。コミュニケーション研修では相手の話を聴く勉強も行います。例えば数人でディスカッションをして複数人で話をします。職場はチームで仕事をする場合もあるので複数人でディスカッションをすれば、チーム全体の話を聴き仕事の流れを把握する能力も身につけられます。

適切な話し方をマスターできる

言葉はコミュニケーションをするときに使うツールの1つです。言葉づかいによっては相手を不快にしてしまう危険性もあるので注意が必要です。円滑な人間関係を築くには相手の気持を汲み取り、適切な言葉づかいをすることが大事です。コミュニケーション研修では話し方の学習もします。相手の心をつかむ話し方などをマスターできるので、会話が苦手な方でも成長できます。

コミュニケーション研修を実施するときのコツ

上昇

コミュニケーション研修をするのなら目的を明確にしよう

コミュニケーション研修をするときには、どのような目的で行うのか明確にすると研修計画を立てやすいです。例えば自社の社風に合う研修や、自社の行っているサービスにマッチする計画を立てましょう。また研修を行った後に自社の社員がどのような状態になればよいのか、イメージをしておくと研修内容を決めやすいです。

誰に研修をするのか決める

コミュニケーション研修をするときには対象者を決めましょう。例えば中堅社員に研修を行う、管理職に実施するといったようにターゲットが違うと研修内容も変化します。最初に目的を決めて対象社員を選定するといった作業を行うと、適切なコミュニケーション研修を行えます。

予算を考えて研修を行おう

実際にコミュニケーション研修をするときにはお金が必要です。費用は実施期間や参加人数によって変化します。自社でどれくらいの費用が出せるのかを考慮して研修を行うのが大事です。予算オーバーになってしまう場合は、ターゲットを絞り研修を行うことも考えましょう。

円滑に仕事を行うためにもコミュニケーション研修を実施して損はない

コミュニケーション不足だと仕事でトラブルが起こってしまう可能性もあります。そのためコミュニケーション研修を行い、社員の対人スキルを向上させましょう。研修では話し方からマナーなどを学ぶことができます。また実施をするときには円滑に研修を行うために予算や、対象者を決めておきます。コミュニケーション研修を行うと社員の対人スキルがアップして仕事で成果を出しやすくなるため、実施して損はありません。

関連キーワード
お知らせ
お役立ち情報①

【人事のプロが語る、本音のコラムを公開中】

人事を戦略に変える専門家たちが様々なテーマを解説し、"どうあるべきか"本音 で語っている記事を公開しています。きっとあなたの悩みも解消されるはずです。

お役立ち情報②

【お役立ち資料を無料ダウンロード】

基礎的なビジネスマナーテレワーク規定、管理職の方向けの部下の育て方評価のポイントまで多種多様な資料を無料で配布しています。ぜひご活用ください。

おすすめの記事