企業のシニア研修が注目を集める理由とは?研修内容について解説

大量雇用され第一線で活躍してきたシニア世代は年齢層も厚く、活性化が成功すれば生産性向上、組織力強化に強い効果をもたらします。そんなシニア世代活性化の一環として今、注目を集めているのがシニア社員向けのシニア研修です。そこで本記事では、シニア向けの研修の重要性や内容、得られる効果について解説します。

なぜシニア研修が必要とされているのか

今、日本国内では労働者層の高齢化や労働人口の減少により、慢性的な人手不足が課題に挙げられています。今後、限られた労働人口で企業経営を発展させていくにはダイバーマネジメントを取り入れ多様性に富んだ人材の確保に乗り出さなければなりません。そういった状況において、シニア世代は欠かせない労働力となります。シニア研修は今後強い戦力となるシニア世代の労働力を最大限に活かし、シニア世代の活躍をサポートする重要な研修なのです。

シニア研修に求められる内容とは


では、実際にシニア世代に活躍してもらうためのシニア研修とは、どのような内容が取り入れられているのでしょうか。
シニア世代は出世やキャリアアップ等への関心が低い代わりに、現状維持を望む傾向が強いと言われています。しかし、業務効率化が重要視される日本ではモチベーションが高くキャリアアップを目指す人材が受け入れられやすくなっています。また、現状維持というのは変化がなく仕事もマンネリ化しがちです。

シニア世代が人生で培ってきた経験を今後の働きにどう生かすかを伝えるモチベーションアップ研修によって将来への希望や意欲を高め、キャリアアップに対する意欲を高める研修で仕事に対する刺激をあたえるような内容がシニア世代の活躍に役立つでしょう。

シニア世代は仕事に対するノウハウや経験を豊富に持っています。シニア研修で重要なのは彼らのモチベーションを高め、仕事に対するやる気・意欲、新しいことへの興味を深めるという点なのです。では、実際にシニア世代のモチベーションを高めるにはどのような内容を取り入れればいいのでしょうか。

シニア世代のモチベーションアップ研修とは?

シニア世代のモチベーションを高めるには、3つの視点を意識しましょう。

  • 自分の強みを再発見する
  • 視野の転換を図る
  • 自分の将来ポジションの具体的イメージをつける

まず一つ目は「自分の強みを再発見する」という内容です。シニア世代は長い社会生活で多くの成功や活躍を体験してきました。それらから自分の強みを思い出すことで「自分自身がどの分野で能力を発揮できるか」に意識を向けやすくなります。

二つ目は「視野の転換を図る」内容です。豊富な仕事経験は強みでもありますが、自身の得意分野や業務内容を一つに絞り込み、それしかできないと決めつけてしまう要因にもなります。そういった頑固な姿勢は時に他の社員とのコミュニケーションに支障をきたす場合もあります。ものの見方や考え方を転換するノウハウを伝えることで、進化していく時代に興味を持ち、新たな視点で仕事に取り組むきっかけになるでしょう。新しいことを覚えるという行為は本人の意欲を高めるので、キャリアアップに対する意識を強める効果にも期待できます。

三つ目は「自分の将来ポジションの具体的イメージをつける」内容です。シニア世代が陥りがちな「今後の自分のポジションにはほとんど変化や進化が無い」という思考を変え、将来に対する具体的なイメージを作ると、それに向かった目標設定がしやすくモチベーションアップに繋がるのです。仕事に関する指導は他者ができても、自身の意識を変えるのは自分にしかできません。シニア研修では、シニア世代が自身の強みを思い出し、新しい視点で物事を見られるようにするためのサポートが最重要です。マンネリ化していた仕事内容や自身のポジションを変えられれば、目標が明確になりシニア世代のモチベーションも高められるでしょう。

シニア世代のキャリア研修

シニア世代に対するキャリア研修で重要視されるのは「キャリア自律」です。キャリア自律とは、「労働者が自分でキャリアビジョンを考え、それに対する目標に対して主体的に行動する」ことを指します。現代はシニア世代が最前線で働いていた頃に比べると労働環境に大きな変化があります。そういった環境で企業側には「シニア世代の役割に対する再構築・提案」が求められ、シニア世代には「自身が活躍できる場所、発揮できる能力を提案する力」が求められます。

シニア社員向けキャリア研修で、「キャリア自律」の概念を教えればシニア世代がより活躍できる環境を作っていけるでしょう。「キャリア自律」を中心としたキャリア研修を行い、仕事に対するモチベーションを高めていけば経験豊富なシニア世代が最大限に能力を発揮し、活躍できる状況が実現するはずです。

シニア層拡大に向けて、研修を受けさせることを検討しておこう

今後、労働人口の低下や高齢化が進む日本では、仕事のノウハウを持ち経験が豊かなシニア世代の活用が企業経営発展の要となります。そのためには、企業側がシニア世代の意欲を高めるキャリア研修やモチベーション研修を積極的に開催し、彼らの現状維持意識を打破していかなければなりません。研修への参加を積極的に呼び掛け、シニア世代の意識改革をしていきましょう。

おすすめの記事