都市部

デジタルトランスフォーメーション(DX)に取り組むためには、DX人材が欠かせません。しかし、社内でDXを進めようと思ってもなかなか知見のある人材は少ないものです。DXを人材の観点から成功させるにはどうすればよいのでしょうか。今回はDXに欠かせない人材戦略について解説します。

デジタルトランスフォーメーション(DX)とは?

デジタルトランスフォーメーションは、テクノロジーによって既存の産業構造やビジネスモデルを変革することを意味します。テクノロジーとはビッグデータ、クラウドサービス、ロボット、AIなど近年発展を遂げた技術のことです。

単にデジタルを活用するデジタライゼーションに対して、デジタルトランスフォーメーションは既存の枠組み自体を再構築します。私たちの身近な例では、AmazonなどのECサイトやスマートフォンなどのデジタルツールによって生活が大きく変わっていることを実感できると思います。

企業の収益モデルも、以前のように単にモノやサービスを売って収益を上げるのではなく、データを活用して広告を配信するビジネスや、ユーザーがモノを売り買いできる場をつくることによって手数料収入を得るビジネスへと変化しています。このように、デジタルトランスフォーメーションは私たちの暮らしや企業のビジネスの在り方を変革する取り組みなのです。

DX人材を育成するには?

企業がデジタルトランスフォーメーションに取り組むにはデジタルテクノロジーに精通していて、かつビジネスを理解している人材が必要です。日本企業の多くはこれまでデジタルの知識や経験のある人材をほとんど育成してこなかったため、デジタルトランスフォーメーション人材(DX人材)が不足している状況にあります。

この記事は会員専用となっております。全文記事を読むには
お役立ち情報
メルマガ無料配信

お役立ち情報満載!ピックアップ記事配信、セミナー情報をGETしよう!

人事のプロが語る、本音のコラムを公開中

人事を戦略に変える専門家たちが様々なテーマを解説し、"どうあるべきか"本音 で語っている記事を公開しています。きっとあなたの悩みも解消されるはずです。


お役立ち資料を無料ダウンロード
基礎的なビジネスマナーテレワーク規定、管理職の方向けの部下の育て方評価のポイントまで多種多様な資料を無料で配布しています。ぜひご活用ください。
こちらの記事もおすすめ!