加藤 守和 │ コーン・フェリー リワードプラクティスリーダー
加藤 守和
一橋大学経済学部卒業後、シチズン時計で人事を経験。デロイト トーマツ コンサルティングと日立コンサルティングでのコンサルタントを経て、2007年にヘイグループ(現コーン・フェリー)に参画。人事領域における豊富な経験をもとに、組織設計、人事制度構築、退職金制度構築、M&A支援、リーダーシップ開発、各種研修構築・運営支援等、ハードとソフトの両面からの組織・人事改革を支援する。コーン・フェリーでは日本法人におけるリワードプラクティスリーダーを務める。
加藤 守和の記事一覧
ポストコロナ時代の中間管理職のあり方
ジョブ型人事制度への大転換時代の到来 ~ポストコロナの人事制度
アフターコロナを生き抜く人材の条件