会議

新入社員研修は、会社の業務などを説明するためのオリエンテーションとして実施されます。業務内容や会社組織といった基礎的な情報を説明したり、実践的なビジネスマナーや業務スキルを向上させたりと、研修内容も会社によって様々です。その中で少人数のグループで課題に取り組むグループワークを新入社員研修に取り入れるケースが増えています。新入社員研修にグループワークを取り入れる理由や実践方法を詳しく解説します。

グループワークとは?

グループワークとは5〜6人で一つのグループを作り、そのグループで課題に取り組む方法です。特徴としては、採用試験や面接などでは判断しにくい「集団の中でのスキル」を把握することができます。会社は一人で業務を行うわけではありません。当然ながら上司や同僚、後輩、取引先の会社、顧客など多くの人間関係の上に成り立っています。個人プレーが優秀でも、他人と協力して業務を行うことができなければ組織の中では十分な働きができないということも考えられます。

会社は新卒であろうと中途採用であろうと、即戦力の高い人材を求めています。入社後、すぐに活躍するためには人材のスキルも重要ですが、採用した人材にどのような業務をさせるのかという点も重要です。グループワークは会社組織の中で、その人材がどのような働きができるかを見極めるのに適しています。これにより、新人社員の業務へのミスマッチを防ぐことが可能です。また、会社が人材のスキルを把握するだけではなく、新人にとっても集団の中での立ち振る舞いを練習することができるというメリットがあります。
グループワークとは

新入社員研修にグループワークを取り入れる理由

グループワークは新入社員にも会社側にもメリットが多いと言えます。まず、従来の研修だけでは補えなかったコミュニケーション能力の把握と育成が可能です。グループで課題に取り組むためには、集団の中での自分の役割を考えたり、時間配分や効率的な方法を模索することが必要になります。例えば、採用試験の面接でやや積極性に欠けるといった評価を受けた新人社員がグループワークでは細かいことに気がつい

この記事は会員専用となっております。全文記事を読むには
お役立ち情報
メルマガ無料配信

お役立ち情報満載!ピックアップ記事配信、セミナー情報をGETしよう!

人事のプロが語る、本音のコラムを公開中

人事を戦略に変える専門家たちが様々なテーマを解説し、"どうあるべきか"本音 で語っている記事を公開しています。きっとあなたの悩みも解消されるはずです。


お役立ち資料を無料ダウンロード
基礎的なビジネスマナーテレワーク規定、管理職の方向けの部下の育て方評価のポイントまで多種多様な資料を無料で配布しています。ぜひご活用ください。
こちらの記事もおすすめ!