「へ」から始まる人材マネジメント用語一覧

この記事では「へ」から始まる人事・人材マネジメントに関する用語を中心に採録しています。

PEST分析/ペスト分析

PEST分析は、外部環境を洗い出すためのフレームワーク。現在や将来の事業活動に影響を及ぼす可能性のある要素を導き出す際に用いられます。
PESTとは、政治的(P=political)、経済的(E=economic)、社会的(S=social)、技術的(T=tchnological)の頭文字を取った造語であり。上記4つのアプローチで外部環境を分析する。

PESTの要因
< Political:政治的環境要因 >
→政策・法規制の改変
→裁判制度、判例
→ 政治体制の変化

< Economic:経済的環境要因 >
→景気動向・経済成長率
→物価(インフレ・デフレ)
→市場(金利・為替・株価)

< Social:社会的環境要因 >
→世論・流行・トレンド
→教育水準
→治安・安全保障
→宗教・言語
→自然環境
→人口、構成比(男女、年齢)

< Tchnological:技術的環境要因 >
→技術開発(イノベーション)
→新技術の普及度
→特許

ヘイ・システム

ヘイ・システム(Hay system)とは、ホワイトカラーの労働を主対象として開発された職務分析・評価の手法のこと。各職務の持つ3つの側面を定量的に評価するルールを設定し、それぞれの評点を総合して職務可値を全体的に決定するもの。
3つの側面は、①ノウハウ(知識・経験の広さと深さ)、②問題解決(思考の自由裁量性、思考チャレンジ)、③行動とその結果に対する責任(行動の自由裁量性、成果に対するインパクトの与え方)があたる。

平均賃金

平均賃金(Average wage)とは、原則として算定事由発生時以前3ヶ月に支払われた賃金の総額を算定事由発生時3ヶ月間の総日数で除したものを指す。休業手当や解雇予告手当て等を計算する際の基礎となる。

僻地手当

都市部から遠く離れているとか、交通の便が極度に悪いなど、一般地域と比べ社会的環境や自然的環境が異なる地域の在勤者に対して、その生活環境を補償する目的で支給される手当のこと。

僻地手当てを決める方法は、僻地の要因となる要素(社会的環境と自然的環境)に点数を与え、その合計点数によって僻地の程度を決める点数法や一般的な生活感覚に基づいて個々の地域を序列付けて総合に比較する方法などがある。

ヘッドハンティング

ヘッドハンティング(headhunting)とは、ある企業に属する人材を、他企業が引き抜くこと。
かつては、外資系企業やハイクラスの人材に限定されていたが、近年の人材の流動化の加速、企業の国際化に伴う人事戦略の一環、あるいは先端技術産業分野などにおける人事戦略の一環として活発化し、一般的になってきている。

加えて、従業員側においても転職指向の高まりにより、ヘッドハンティングの認知は高まっており、日本の終身雇用制度を揺るがしている。

変形休日制

休日は、毎週少なくとも1日与えられなければならない。(労働基準法第35条第1項)この休日を法定休日といい、原則として午前零時から午後12時までの24時間を与えなければならない。

原則は、休日を週に1度与えなければならないが、就業規則等に定めれば4週間に4日以上の休日を与えれば問題ないとされる。(変形休日制)
4週間の意義としては、特定の4週間に4日以上の休日があればよく、どの4週間を区切っても必ず4日以上の休日がなければいけないものではない。

就業規則等には、4週間の起算日を明確にする必要がある。(常時10人未満の労働者を雇う使用者は、変形休日制の定めをした旨を労働者に周知させなければならない)

変形労働時間制

変形労働時間制(variational working hours system)とは、労働時間性を弾力化した労働時間制で、単位となる時間を平均して1週間当たりの労働時間を越えなければ、一部の日・週で法定労働時間を越えても、割り増し賃金なしに労働させることが出来る制度のこと。

変更解約告知

解雇の一種ではあるが、雇用関係を終了させるためではなく、労働条件を大きく変更することを目的として、新たな労働条件による再雇用の申し出を伴った労働契約の解約の意思表示をいう。

労働者が使用者からの労働条件の変更の申し入れを承諾すれば労働契約は存続することになるし、承諾しなければ労働契約は解消されることになる。

変動費

変動費(variable costs)とは、事業の操業度や売上高の変動に連動する変動的に発生する一定のコストのこと。
変動費の具体例としては材料費、運送費、販売手数料などが挙げられる。変動費を把握する目的は、経営計画や事業計画等の立案時に必要となる収益シミュレーションを行うためである。

売上の予測に対して利益がどれだけ発生するかをシミュレーションするには変動費以外に、事業の業度や売上の変動に連動しない固定費も把握する必要がある。尚、コストを固定費か変動費かを分類するには回帰分析などが用いられる。

ベースアップ

ベースアップ(base-up)とは、定期昇給などの際に、給与の基本給部分の金額テーブル表を書き換えることにより、労働者の個別要件に関係無く一律に賃金を増額させること。
略して「ベア」とも呼ばれる。
物価の上昇などによる賃金の目減りを防ぐことを目的として導入されてきた仕組みであるが、近年総額人件費の抑制を目的にベースアップを凍結・廃止している企業も多い。

ベースダウン

ベースダウン(base-down)とは、定期昇給などの際に、給与の基本給部分の金額テーブル表を書き換えることによって、労働者の個別要件に関わり無く一律に賃金を減額させること。
物価が下落する経済環境においては、実施することも考えられる。

別居手当

転勤などにより家族と住居を別にして勤務する場合、定額・役職別に支給される手当のこと。

別居中、勤務地でも生活することによって増加する生計費を補填するために支給されるもので、単身赴任手当てとも呼ばれている。

便宜供与

使用者が労働組合に対して行う援助のうち、組合運営の自主性を阻害しない範囲で行われるもの。

労働組合法は、労働組合の運営のための経費の支払いにつき経理上の援助を与えること、すなわち利益の供与を不当労働行為として禁止している。

ベンジプラン

ベンジプラン(Benge's plan)とは、職務評価の量的評価方法の一つである要素比較手法のうちの一つ。
基準職務相互について、精神的要素、熟練、身体的要素、責任、作業条件の5つの評価要素毎に比較検討を行い、相対的序列をつけ、基準職務に現在支払われている賃率をこれらの評価要素毎に分配する方法のこと。

お知らせ
お役立ち情報①

【人事のプロが語る、本音のコラムを公開中】

人事を戦略に変える専門家たちが様々なテーマを解説し、"どうあるべきか"本音 で語っている記事を公開しています。きっとあなたの悩みも解消されるはずです。

お役立ち情報②

【お役立ち資料を無料ダウンロード】

基礎的なビジネスマナーテレワーク規定、管理職の方向けの部下の育て方評価のポイントまで多種多様な資料を無料で配布しています。ぜひご活用ください。

おすすめの記事